当店おすすめの材質

チタン

Sample

チタンは航空機の部品や人工関節のようないるよう器具など、幅広い分野で使用される金属の一種です。
「欠けない・摩耗しにくい」といった特徴があります。
また、超微粒の鉱物なので、朱肉のノリもよく、適度な重量のおかげで綺麗な印影が得られます。
印鑑の中で唯一水洗いができるのも大きな特徴です。

黒水牛

Sample

黒水牛は、水牛の角を加工したものです。
芯の通った中心の部分の、芯持(しんもち)という部分で、さらに角の先端にあたる部位を使用した、印面側の芯の小さいものがもっとも良質だといわれています。
また、黒水牛などの角・牙系の印材は、朱肉に馴染みやすく、きれいな印影を捺すことができます。
他の角・牙を素材とした印鑑に比べればお手頃な価格となります。

アグニ

Sample

アグニは耐久性や環境面で幅広く使用されています。
高圧処理の加工技術により、割れ、歪みなどの変形にも強く、また捺印性に至っては動物性の角、牙にも劣らない非常に優秀な印鑑材料といえます。
合板といえど天然木以上の耐久性に冨み固体のバラつきも少ない、まさに現代ならではの印鑑材料です。
樺の木を丸ごと1本使用したエコロジーな木材と需要が高まる中、温かみのある赤色のアグニ特有の風合いに、美しい木目調のコントラストがより高級感を与えてくれます。

彩樺

Sample

彩樺は資源の枯渇を避けるために、真樺をフェノールレジンと呼ばれる樹脂を使い、高圧をかけて加熱処理をして作り上げた、最近注目されている素材です。一般の木材と比べて、硬度に優れ、キメも細かいので印材に 向いています。
また、独特な木目が暖かさを感じさせる印材です。

Sample

柘は天然植物系の印材としてはもっとも繊維が緻密で、成長が遅く目が詰まっている柘の木は硬度も粘りもあり篆刻(彫刻)に適しています。
また、木目がとても綺麗なため、様々な加工製品に使われています。柘は木材なので直射日光や急な乾燥、湿気などの気温の変化に弱い部分がありますが、捺印後のメンテナンスや保管に注意していただくことで、印鑑を長持ちさせることができます。

ふと、取り出したはんこ。女性のたおやかな指であやつられ、ビジネスシーンを彩るはんこ。
「あっ、このはんこ素敵!」と思っていただくだけで、ビジネス的にとても有利です。
ただ使うだけでなく、使う人のセンスを表現する。小粋なはんこで、日本の粋を追求しております。

打ち出の小槌の印

打ち出の小槌の印

藤の花印

藤の花印

椿(つばき)の柄

椿(つばき)の印

蝶の印

蝶の印
片面は金とメタリックな赤、反対面はメタリックな緑とメタリックな紫で彩色してあります。
手作りなので色は個々で多少違っています。

トンボ柄の印

トンボ柄の印
トンボ柄は『勝ち虫』と言って縁起のいい柄と言われています。
それは、トンボが「前にしか進まない」と言う所から来ているそうです。昔の武将が好んでトンボ柄を使ったのは、こんなところからなのでしょう。
よく、男のお子様用にとご購入される方がいらっしゃいます。

桜の花びらの印

桜の花びらの印
彩樺(サイカ)と言う印材に桜の花びらを彫刻してあります。
1週間ほどかけて作成いたしており、決してプリントのような安価なものではありません。

お問い合わせはお気軽に

TEL054-644-1666

メールでのお問い合わせ

PageTop